データが消えても大丈夫!Dropboxbusiness(ドロップボックスビジネス)でデータを復元する方法

リモートワーク等の「いつでも、どこでも仕事ができる」働き方が推奨される現在のビジネスシーンにおいて、もはや必要不可欠と言える大容量クラウドストレージ。

利用頻度が上がるにつれて、「誤ってファイルを消してしまった」といったトラブルも頻発しているのでは無いでしょうか?

今回は、Dropboxbusiness(ドロップボックスビジネス)でのデータ復旧方法を詳しくお伝えします!

消してはいけないファイルを削除してしまった!そんな時には…

必要なファイルを消してしまっても、Dropboxbusiness(ドロップボックスビジネス)をご利用であれば慌てる必要はありません。

Dropboxbusiness(ドロップボックスビジネス)では、一度でも保存されたことのあるデータは最大180日間履歴が残っています。

履歴から完全に削除するには管理者権限のあるアカウントから特定の画面で操作が必要となるため、通常利用の範囲内でデータを削除してしまった場合は履歴からデータを復元することが可能です。

それでは、具体的な対処方法を見ていきましょう。

データ復元手順① 復元に必要な情報を収集

Dropboxbusiness(ドロップボックスビジネス)上のデータは日々動いているため、復元したいデータを特定するために以下の情報をわかる範囲で集めます。
  • 削除したユーザー
  • 削除したファイルの場所
  • ファイルを削除した日にち

データ復元手順② WEB版のDropboxbusiness(ドロップボックスビジネス)で復元したいデータを探す

右下の地球儀のアイコンからWEB版のDropboxbusiness(ドロップボックスビジネス)にアクセスします。

「削除したファイル」を開き、手順①で確認した「削除したユーザー」「削除ファイルの場所」「削除した日にち」でフィルターをかけて探します。

この時、Dropboxbusiness(ドロップボックスビジネス)を一人一アカウントで利用していれば探しやすいですが、複数人で一つのアカウントを共有しているような場合には少し探すのが大変になります。

データ復元手順③ ワンクリックで復元!

復元したいデータを見つけたら、該当のデータを選択して「復元」ボタンを押すだけ!

これで、削除してしまったデータは元に戻ります。

調べても「削除したファイル」に出てこない…そんな時は

うっかり削除してしまい、すぐに「削除したファイル」を調べたけれど消したはずのデータが出てこない…そんなときは、以下の理由が考えられます。

「削除したファイル」に出てこない理由①
まだDropboxbusiness(ドロップボックスビジネス)側が「削除された」と認識していない

Dropboxbusiness(ドロップボックスビジネス)はクラウドストレージのため、自分のPC上では削除されていても、クラウド上にはまだ反映されていない可能性があります。

特に容量が大きなデータを削除した際に起こりやすいため、しばらく待ってから再度「削除したファイル」を探してみてください。

右下のアイコンからDropboxbusiness(ドロップボックスビジネス)の状態を確認し、「最新の状態」になるまでお待ちください。

「削除したファイル」に出てこない理由②
実はデータは削除されておらず、ユーザーの誤操作によって移動されているだけ

そんなまさか、と思うかもしれませんが、目の前のフォルダからいなくなってしまったため「削除してしまった!」と思っているだけで、全く違うフォルダに移動してしまっているだけのパターンも少なくありません。

別のユーザーが削除してしまったと思い込んでいるケースもよくあります。

ファイル名が分かっている場合は、DropboxWebの全体検索で検索すれば見つかるでしょう。

しかし、ファイル名が分からなかったり、別のフォルダで管理しているファイル名と被っており検索するとヒットするファイル数が多く判断できなかったりという場合もあり得ます。

そんな時には、「/events」を確認しましょう!

データの移動先が分からない時の裏技「/events」を活用

ブラウザ上部のURLに「/events」を入力すると、どのアカウントがどんな操作を行ったのか?を一覧で確認できます。
目視確認になりますが、ここを直近から順繰りに確認していくと、移動した履歴が見つかるはずです。

自分以外のユーザーが間違った移動等を行っている場合には、再発防止のために注意喚起を行うことも有効です。

この時にも、あくまで「アカウント単位」での履歴しかわからないため、複数人でひとつのアカウントを共有している場合には個人までは特定できません。
1人1アカウントを利用する事をお勧めします。

※下記写真の場合、西道さんが「西道涼フォルダ」から、「03_クラウド事業部フォルダ」に移動した可能性が高いです。

よくあるDropboxbusiness(ドロップボックスビジネス)トラブルの対処方法公開中!

今回は、Dropboxbusiness(ドロップボックスビジネス)で最もよくあるお問い合わせのひとつ、「データ復元」について詳しくご説明しました。

その他にも、「同期が終わらない」「ファイルが分裂してしまった」「削除ができない」「強制終了してしまう」等のトラブルの対処方法を以下記事でご紹介しています。

▼Dropboxbusiness(ドロップボックスビジネス)ユーザー必見!トラブル発生時の対応ノウハウ一挙公開

安心・安全に業務を行う上で必要な機能が揃っているDropboxbusiness(ドロップボックスビジネス)、トラブルに冷静に対処して、どんどん活用していきましょう!