KINGOFTIME(キングオブタイム)とは

KINGOFTIMEは市場シェアNo.1のクラウド勤怠管理システム。
紙のタイムカードやExcelで煩雑化した勤怠管理を自動集計で効率化。複数拠点でもリアルタイム一括管理できます。

KING OF TIMEで出来ること

KINGOFTIME導入を検討する理由

働き方改革対応

紙のタイムカードをクラウド化すると…

紙のタイムカードの場合毎月行わなければならない作成・配布・回収作業が、不要となります。(タイムカード購入費も削減)
打刻間違いは日々従業員本人と管理者に通知が届き、すぐに修正。そのため締め日後の集計作業が短縮化されます。
手計算での集計不要、給与システムへの入力作業も不要となる為、大幅な勤怠管理業務の効率化が実現できます。

KINGOFTIMEで出来ること

■多彩な方法で打刻

手持ちのPCであれば手軽に打刻を始められます。外回りが多い営業などの管理にお悩みの場合はスマートフォン打刻がおススメです。従業員の代理打刻にお悩みの場合は生体認証(指紋・静脈)をおススメしています。
多種やような打刻方法から重両院の働き方にあったものをお選びください。

■従業員はいつでも、どこでも、簡単に打刻&申請可能

スマートフォン版KINGOFTIMEにログインすることで、自分のタイムカード、勤怠スケジュールの確認、申請がいつでもどこでも可能となります。GPSでの打刻位置情報の取得も可能です。

■勤怠の自動集計、エラー&申請の通知

従業員の出退勤打刻をリアルタイムに自動集計し、打刻間違いがあれば従業員本人と管理者に通知が届きます。
申請があった際も、設定した承認フローに合わせて、承認者に通知が届き、即時対応が可能となります。

■時間外労働(残業)の上限規制対応

時間外労働上限に達する前に管理者宛に「警告」通知が届くように設定が可能です。

■有休休暇5日間取得義務化対応

取得日数が年間5日未満の従業員がいる場合、管理者宛に通知が届くように設定が可能です。

KINGOFTIMEライセンス料金

KINGOFTIME定着サポートサービス

御社の業務課題、就業ルールにマッチしたKINGOFTIMEの効果的な活用方法をご紹介させていただくサポートメニューです。
導入1年後には、御社にてKINGOFTIME運用が自走可能となるよう、サポートを致します。