DXやkintoneの伴走支援について、皆で考える研究所。

kintone導入はコムデックの伴走支援にお任せ!ITのプロが課題解決のためのシステム構築をサポート|ホームステージング業 株式会社サマンサ・ホームステージングさまの伴走支援事例

自社の課題を解決する伴走支援とは?

業務効率化を図るためにkintone導入を検討する企業さまは増えていますが、一方で「ITに詳しい社員がおらず、うまく運用できるか不安…」と導入を躊躇してしまう方もいるのではないでしょうか。

kintone導入に関する不安を抱えている企業さまは、自社の課題解決を一緒に進めてくれる伴走パートナーを見つけるのがおすすめです。
伴走パートナーの特徴は、細かなヒアリングを通して、社内メンバーと同じ目線でkintone導入を進めるため、より企業ごとの悩みに沿った提案・サポートができる点
コムデックでも、伴走支援を数多くのお客様に提供し、共に経営課題の解決に向けたkintone活用を支援しています。

今回の記事では、コムデックの伴走支援で効果的なkintone運用を実現したホームステージング業 株式会社サマンサ・ホームステージングさまの伴走支援事例を紹介します。

コムデックが構築前からどのようにヒアリング・サポートを行わせていただくかを詳しく紹介していますので、kintoneの導入や運用に関する伴走パートナーをお探しの企業さまや、問い合わせをした後、支援が始まるまでどのように打ち合わせが進んでいくのかを知りたい方は、ぜひ最後までご覧ください!

在庫管理を効率化したいが、うまくIT導入・運用できるか不安…

株式会社サマンサ・ホームステージングさまは、東京都江東区に本社を構えるホームステージング業の企業さまです。
売買・賃貸予定の不動産の販売促進を目的として、住宅をよりよく見せるための空間演出を手がけておられます。

株式会社サマンサ・ホームステージングさまでは紙を用いたアナログな方法で在庫管理を行っており、大量の注文いただいている状況において、お客様へのサービス提供スピードを落とさないためには、在庫管理の効率化が不可欠だと考えていました。
そこで、在庫管理の効率化を図るために「kintone(キントーン)」を導入されましたが、社内メンバーだけでアプリ構築をするのは難しく特に在庫管理の複雑な計算等で行き詰まってしまいました。

そこで、コムデックにご相談いただき、伴走支援で課題解決を目指すことになったのです。

コムデックのkintone伴走支援とは、kintone活用のプロフェッショナルであるコムデックが企業さまと共に伴走し、一緒に経営課題を解決するサービスです。

コムデックでは、実際に導入がスタートする前、お問い合わせをいただいた段階から伴走するスタイルであり、従来の導入前の打ち合わせにありがちな「商品の売り込み」や「聞かれたことに答えるだけ」ではありません。

今回の株式会社サマンサ・ホームステージングさまのケースでも、「kintoneで在庫管理の効率化を図りたい」というご要望でしたが、それをkintoneで実現できる・できないということだけでなく、「なぜ在庫管理をkintoneで行うという判断になったのか」という背景を理解することから始めました。

課題の背景までを理解することで、より最適なご提案が可能となり、お問い合わせいただいた内容以上のものを提供することが可能になります。

コムデックは支援開始前の打ち合わせから伴走スタイル!

コムデックの伴走支援とはどのようなサービスなのか、実際に株式会社サマンサ・ホームステージングさまで実施したお打ち合わせの内容を元に解説します。

事前に課題について情報収集

コムデックの伴走支援の特徴は、kintoneの導入やアプリ構築といった支援開始の前から伴走スタイルで行うことです。

まずは打ち合わせ前に事前情報の収集から行い、現状管理している各種資料の共有、管理における悩み、どのような環境が理想なのかなどを共有していただきます。

事前の情報収集の目的は、打ち合わせ時に企業さまが困っていることに対して正確に即答できるようにするためです。
これにより、的確なご提案を効率的におこなうことができます。

また、納品までの流れやコスト面、過去の事例まで共有して事前準備を整えておくことで、打ち合わせ時にリアルな課題や担当者の想いをヒアリングしたり、それに対してコムデックがどのように力になれるのかをお伝えできたりと、より深掘りした内容かつ価値の高い打ち合わせを実施できるようになります。

初回打ち合わせでは顧客の事業内容・課題を理解して最適な提案を

初回のお打ち合わせでは、ご相談いただいた企業さまの事業理解からスタートします。
事業理解は、企業さまが抱える課題を深く理解するために欠かせない工程です。
事業内容を理解したうえで課題を明らかにしていくことで、部分最適ではなく全体最適な支援が可能になると考えています。

例えば「一部システム化されているものの、どうしてもシステム化ができずに紙管理が残っている部分があり、全体がちぐはぐになっている…」といった、まずは担当者さまが把握している表面的な課題を洗い出します。
その後に、根本的な原因や潜在的な課題まで深掘りしていくのです。

課題が明確になったら「kintoneによる管理でできるようになること」を共有します。
例えばそれは「社内の情報の一元化」であったり、「kintoneにデータが集まることで重要な指標をリアルタイムで把握できる」ことであったり、「見える化した情報を元に新しい取り組みを検討し、会社の成長に繋げる」ことだったり、一つの業務効率化による効果だけではなく、中長期的な目線での効果目指すべきところを共有するのが特徴です。

代表者のビジョンを共有いただき、今後必要になる施策も提示

初回打ち合わせにて概算費用も共有し、合意が取れれば実際に伴走支援を開始していきます。

次の打ち合わせには代表者の方にも参加していただき、自社の将来像や方針、考えていることといったビジョンを共有していただきます。

支援対象として挙げていただいた要望は、ビジョンを実現するための一部であるとコムデックは考えています。
今回相談いただいた課題を解決することが、代表者のビジョン実現のためのどのような位置づけになるのかを把握することで、単に「便利なkintoneアプリの構築」といった一部分ではなく、社内全体の効率化やその先の企業成長などに向けた支援を伴走スタイルで行うことができます。

また、今回の課題を解決した後にどんなことに着手していきたいのかも伺うことで、業務効率化の実現で終わるのではなく「ビジョンを実現するためには、このような施策・実装が必要になる」というところまでのご提案が可能となります。

潜在的な課題解決から企業成長までパートナーとして伴走

コムデックの伴走支援は、顕在的な悩みだけでなく潜在的な課題も明確にすることで、課題解決から事業成長までパートナーとして伴走します。

今回も伴走支援を行うなかで、何故在庫管理を効率化したいのかという背景にまで着目しました。

株式会社サマンサ・ホームステージングさまが在庫管理を効率化したいと考えた大きな理由は、お客様のためでした。
たくさん注文をいただいている中でもお客様へのサービス提供スピードを落とさずに、納期遅れを発生させないためには、現場スタッフの作業負担の軽減が不可欠です。
そのためには、入出庫の処理が複雑な在庫管理を効率化するのが最も効果的だと考えた株式会社サマンサ・ホームステージングさま。
それに加えて、正確かつリアルタイムで在庫データを把握できるようになることで、簿記上の情報をリアルタイムで把握し、棚卸資産計算の工数を下げたいという狙いもありました。

その他にも、「社内の情報をデータで管理し、可能な限り自動化してコストを下げたい」という潜在的な課題や、「もっと会社を成長させていきたい」という経営者の想いもヒアリングすることで、そのためにコムデックがどんな支援をすべきかを検討することができました。

また、株式会社サマンサ・ホームステージングさまの社長は「会社の成長には社内のIT化が必要だが、自らが動くとうまくいかないケースもある」と考えており、現場が動くように働きかける必要性を感じていました。

その想いを受け、株式会社サマンサ・ホームステージングさまには「ITを使った事業成長」と「そのための業務効率化」をイメージしていただきやすいようにコムデック自身がITを活用してどのように会社を成長させてきたのかをお伝えしました。
その上で、「現場とのコミュニケーションも意識しつつ、関係者との連携ももっと効率化していく」という全体の目標を意識しながらまずは在庫管理の効率化を進め、将来的には「企業成長のためのkintone活用」を一緒に考えていく予定です。

業務改善を実現できた段階で経営者の考えるKGI/KPIの目標数値をお伺いし、それを達成できるような支援を考案し、実施していきます。

kintone伴走支援で企業成長の第一歩を

kintoneはうまく活用することで、在庫管理をはじめ幅広い業務の効率化を実現できます。
株式会社サマンサ・ホームステージングさまで実際に構築した在庫管理については、次の記事でご紹介する予定です!

kintoneを活用するとき、コムデックの伴走支援なら業務効率化の先にある「企業成長の実現」にもつながります。
kintone導入や運用に関する悩みを抱える企業さまは少なくありません。
kintoneはアプリを作成したら終わりではないため、社内にITに詳しい人材がいない場合は、どこかのタイミングで躓く可能性もあります。

「kintoneは操作が簡単と聞くけど、実際に導入や運用はうまくいくだろうか…」という不安がある方は、コムデックの伴走支援をぜひご検討ください。
打ち合わせ前からの徹底した伴走スタイルで、社内メンバーと同じ目線で企業の課題解決を目指します。

この事例を自社でも実現したい!
という企業さまはお問い合わせください!

\ kintoneでの業務効率化について相談したい /

お問い合わせはこちら

業種に対応した業務改善機能をパッケージ化

資料をダウンロードする

ITツール導入の費用が最大450万円補助

補助金について問い合わせる

この記事を書いた人

西道 涼

『クラウドサービスの先導者』

日本人の心のふるさとである”三重県伊勢市”を拠点に、中小企業のDX化を支援しています。 主に中小企業のクラウドサービスの提案から導入支援まで、一貫してサポートさせていただいております。 たくさんのクラウドサービスが普及する中、どのクラウドサービスが自社に合っているのか…お悩みではありませんか? 是非一度御社の理想をお聞かせください。ぴったりのクラウドサービスをご提案させていただきます!

IT導入のお悩みなら、
コムデックラボ

まずはお気軽にお問い合わせください。

まずはお気軽にご連絡ください

お役立ち資料

業種別のkintoneアプリガイドや、コムデックが提供しているサービスのご紹介資料をダウンロードいただけます!

お役立ち資料

お問い合わせ

「伴走支援について詳しく聞きたい」「こんな課題を解決したい」等、お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ

動画でもお役立ち情報発信中!

kintone芸人