DXやkintoneの伴走支援について、皆で考える研究所。

中小企業におすすめの会計ソフトは?会計ソフトの種類や選び方を解説

中小企業におすすめの会計ソフトの選び方

会計ソフトには多くの種類があり、企業の規模によって適しているものが異なります。
自社が必要としている機能を備えているかどうかを加味したうえで、適切な会計ソフトを選びましょう。

この記事では、会計ソフトの種類や選び方も解説した上で中小企業におすすめの会計ソフトを紹介します!

この記事でわかること

  • 会計ソフトの種類
  • 中小企業におすすめの会計ソフト
  • 中小企業における会計ソフトの選び方

こんな人におすすめの記事です

  • 会計ソフトの選び方を知りたい方
  • 中小企業におすすめの会計ソフトを知りたい方

中小企業に会計ソフトは必要?

多くの中小企業では、すでの何かしらの会計ソフトをご利用いただいているのではないでしょうか?
しかしその一方で、会計ソフトまでは必要ないと考えている中小企業の方もいらっしゃるでしょう。

もし今会計ソフトを利用している場合には、より便利な機能を備えた会計ソフトに切り替えることで業務効率化を実現できますし、今会計ソフトを使っていない場合には自社に合った会計ソフトを導入することで会計業務をミスなく効率的に行えるようになります。

手動で入力・集計等を行っている会計業務を効率化することで、経理担当者は別の業務に時間を使うことができる他、経営者はリアルタイムな経営状況の分析を行うことも可能となります。

業務効率化の観点だけではなく、業績向上の視点から見ても、会計ソフトの導入やアップデートは必要と言えるのです。

会計ソフトでできること

会計ソフトとは、会計処理を効率的に行うことのできるソフトウェアのことです。

企業における会計業務では、現金出納帳・売掛帳・仕訳帳・総勘定元帳などさまざまな帳簿類の作成が必要となります。
これらの帳簿を手作業で作成するのは時間も手間もかかり、さらに転記作業などによるミスも発生しやすくなります。

会計ソフトでは、入力した一つ一つのデータが関連する帳簿全てに自動連携されるため転記作業は必要なく、時間削減に加えてミスを防止することもできます。
それだけではなく、自動的に銀行の入出金明細を取得したり、各種分析レポートを作成できる機能が付いた会計ソフトもありますので、業務を大幅に効率化可能です。

会計ソフトの種類

会計ソフトには、各社が販売するさまざまな種類がありますが、大きく分けるとクラウド型パッケージ型の2種類に分類されます。

ここでは、会計ソフト選びの参考として、クラウド型会計ソフトとパッケージ型会計ソフトについてそれぞれの特徴などを解説します。

クラウド型会計ソフト

クラウド型会計ソフトは、クラウドサービスを利用した会計ソフトのことです。

インターネット環境とログインID・パスワードがあればどのパソコンからでもアクセス可能で、税理士事務所などとのデータ共有も容易に行えます。
データはクラウド上に保存するためデータ消失の心配はほとんどなく、いつまでも安全にデータを保存しておくことが可能です。

クラウド型会計ソフトの料金は、月々の利用料を支払う仕組みとなっており、初期費用を抑えて導入できるのも魅力の1つと言えるでしょう。
ただし、長期的に利用する場合には、月々の利用料が積み重なり、パッケージ型会計ソフトよりも高額となってしまう可能性はあります。
その代わりに、法改正があった場合には自動的に対応してくれるなど、同じ料金内でアップデートしていってくれるのが特徴です。

先ほどお伝えしたような銀行の入出金明細を自動取得する機能や、各種分析レポートを自動作成する機能を備えているものも多く、これから導入・切り替えをするなら断然クラウド型がおすすめとなっています。

クラウド会計ソフトの機能や利用するメリットについて、詳しくは以下の記事をご覧ください。
▼クラウド型会計ソフトとは?従来のソフトとの違い・導入方法を解説

パッケージ型会計ソフト

パッケージ型会計ソフトは、ソフトを購入し個別のパソコンにインストールして使用する形式の会計ソフトのことです。

買い切りのため月々の利用料金はかからず、インターネット環境がなくても利用できるので、会計業務を1人もしくは少人数が担当する場合には扱いやすいソフトと言えます。
ただし、逆を言えばデータ共有が難しく、ソフトをインストールしたパソコンが故障する会計データを全て失ってしまう可能性もあります。

さらに、法改正などがあると、アップデートのための追加料金がかかったり、変更を適用するためのファイル読み込みが必要だったりといった可能性もあるため注意が必要です。

中小企業における会計ソフトの選び方

中小企業で導入する会計ソフトを選ぶ際には、「自社にとって必要な会計機能が備わっている」ことは大前提として、その他に次の4つのポイントを押さえておくと良いでしょう。

  • 導入コスト・運用コストの予算を設定する
  • 経理担当者が扱いやすいソフトを選ぶ
  • データ共有が必要なのかを検討する
  • 他システムと連携ができるかを確認する

せっかくなら自社に合った会計ソフトを導入して、最大限に効果を引き出したいですよね。
ここからは、会計ソフト選びの4つのポイントについて、詳しく解説します。

導入コスト・運用コストの予算を設定する

会計ソフトを導入するには、当然のことながら費用がかかります。
どこの会社の会計ソフトを選ぶのか、パッケージ型かクラウド型のどちらにするのかで費用は大きく変わってきます。
そのため、あらかじめ会計ソフト導入にかける予算を検討し、それに合ったソフトを選ぶのが重要です。

初期費用を抑えたいのであればクラウド型を、月額の固定費を抑えたいのであればパッケージ型を選ぶのがおすすめです。
クラウド型の相場が分からない……という場合には、代表的なクラウド会計ソフトを基準として比較してみると良いでしょう。
ただし先ほどお伝えした通り、「導入時にわかる範囲の費用」だけで考えるのではなく、「後々の機能追加や法改正への対応」等も勘案して検討する必要があるという点に注意してください。

経理担当者が扱いやすいソフトを選ぶ

会計ソフトには、誰もが扱いやすい初心者向けのものから、簿記についてある程度の知識があることを前提にしたものまで、さまざまな種類があります。

経理担当者に簿記の知識があるか、パソコンを使うのに慣れているかなどによって、扱いやすいソフトは変わります。
せっかくのソフトも使いこなせなければ意味がないので、担当者のレベルに合ったソフトを選ぶことが重要です。

また、その際には「経理担当者が変わることになっても引き継げるシステムかどうか」も考慮しましょう。
今の担当者は経理に詳しくても、次担当者になる方もそうとは限りません。
誰でも使えるようにわかりやすい画面になっているか、公式のヘルプやサポート体制は充実しているかといった観点でも検討が必要です。

データ共有が必要なのかを検討する

支社がある場合や、外部の税理士に会計業務を委託している場合には、会計データの共有ができると便利です。
クラウド型会計ソフトであれば、本社と支社、経理担当者と税理士など、データ共有をスムーズに行えます。

データ共有が必要であれば、パッケージ型ではなくクラウド型を選ぶのがおすすめです。
パッケージ型ではデータ共有に手間がかかり、業務の効率化を疎外してしまう恐れがあります。

他システムと連携ができるかを確認する

会計ソフトの中には、給与計算ソフトや経費精算ソフトなどと連携することで、経理業務全般を効率化できるものもあります。
会計ソフトの導入による業務効率化を推し進めたいのであれば、他システムと連携可能な会計システムを選びましょう。

会計ソフトを選ぶ際には、自社で使用しているソフトや、今後使用する可能性のあるソフトと連携できるのかを必ず確認するようにしてください。

中小企業の会計ソフトにはマネーフォワードクラウド会計がおすすめ

中小企業でクラウド型会計ソフトを導入するのであれば、マネーフォワードクラウド会計がおすすめです。

マネーフォワードクラウド会計は、決算書の作成や部門登録など、中小企業で会計ソフトを利用するのに十分な機能を備えています
さらに、給与計算ソフトや勤怠管理ソフトなどさまざまなサービスと連携可能なため、バックオフィス業務を一元化してさらなる業務効率化も図れます。

実際、マネーフォワードクラウド会計には、満足度No.1、おすすめしたい会計ソフトNo.1、契約継続率99%などの実績があり、業種や規模を問わず多くの企業が利用しています。

実際に、コムデックがマネーフォワードクラウド会計を導入してバックオフィス業務全体がどのように変わったのかはこちらの記事で詳しくご紹介しています!
▼バックオフィス全体の効率アップを実現するクラウド会計活用術

中小企業の会計ソフトの導入には補助金が利用可能

中小企業で会計ソフトを導入する際には、IT導入補助金を利用できる場合があります。
補助金の利用によって、導入コストを大幅に抑えることが可能です。

IT導入補助金にはさまざまな種類がありますが、会計ソフトの導入費用のうち、2分の1から4分の3までの補助を受けることができます

IT導入補助金には、種類や補助対象など様々な条件がありますので、詳しい内容につきましては、こちらの記事をご覧ください。
▼会計ソフトに利用できるIT導入補助金とは?申請方法や対象を解説【2022年版】

コムデックでは、会計ソフトを含む各種ITツールの導入についてIT導入補助金の申請支援を行っていますので、補助金の申請をお考えの方はお気軽にお問い合わせください。
▼IT導入補助金を活用したITツール導入支援サービス

自社に合った会計ソフトを導入し業務効率化を図ろう

自社に合った会計ソフトを導入できれば、中小企業の会計業務は大幅に効率化できます。

コムデックがおすすめする中小企業におすすめの会計ソフトはマネーフォワードクラウド会計です。
マネーフォワードクラウド会計であれば、自動仕訳やシステム連携により会計業務を大幅に効率化できます。

会計ソフトの導入がお済みでない中小企業の方や、既存の会計ソフトからの切り替えを検討されている場合には、ぜひマネーフォワードクラウド会計の導入を検討してみてください。

コムデックではマネーフォワードクラウドを活用した電子帳簿保存法対応
をサポートしています!

\ 電子帳簿保存法に対応したい /

お問い合わせはこちら

ITツール導入の費用が最大450万円補助

補助金について問い合わせる

この記事を書いた人

徳田 幾美

『勤怠管理のスペシャリスト』

日本人の心のふるさとである”三重県伊勢市”を拠点に、中小企業のDX化を支援しています。 勤怠管理クラウドKING OF TIMEやMoneyForwardクラウド給与の導入を得意とし、脱タイムカード・給与明細の電子化から人時生産性の向上まで、他クラウドサービスも含めたトータルサポートをご提案しています。 「紙のタイムカードや出勤簿を手で集計していて時間がかかる」「給与明細を手渡ししている」勤怠管理や給与計算でお悩みの企業様、是非一度ご相談ください!

IT導入のお悩みなら、
コムデックラボ

まずはお気軽にお問い合わせください。

まずはお気軽にご連絡ください

お役立ち資料

業種別のkintoneアプリガイドや、コムデックが提供しているサービスのご紹介資料をダウンロードいただけます!

お役立ち資料

お問い合わせ

「伴走支援について詳しく聞きたい」「こんな課題を解決したい」等、お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ

動画でもお役立ち情報発信中!

kintone芸人