コムデックの先輩社員にインタビュー

コムデックを知ってもらい、仕事を少しでも理解していただくために、先輩社員たちの想いをインタビュー形式でご紹介します。仕事のこと、やりがい、コムデックに入社した動機などを率直に語ってもらいました。

MESSAGE 01

濱口 裕汰

2017年4月入社中京大学 工学部機械システム工学科卒

地元三重で、大学で得た知識を少しでも仕事に活かしたい。

家族と一緒に過ごせる地元三重で、大学で得た情報技術系の知識を少しでも仕事に活かしたいと思い、「三重のIT企業」を探していました。 2016年春のコムデック会社説明会に参加したとき、「新社屋が立つ予定」と聞き、「成長意欲のある会社」だと感じました。そこで自分もコムデックで成長したい!と思い、入社を決めました。

Q.就職が決まった時の両親の反応はどうでしたか?

実家から遠く離れて暮らすのではなく地元で就職するということで、とても喜んでいました。

Q.夢は何ですか?

平和な家庭を築き、穏やかに過ごすこと。

Q.最後に求職者に一言メッセージをください。

地元三重県で働きたい。直接誰かの役にたちたい。成長し続けたいと思っているアナタ、ぜひコムデックで私と一緒に働きましょう!

MESSAGE 02

駒田 早紀

2017年4月入社三重大学大学院 教育学研究科卒

できないではなくできる方法を考える。
それがコムデックマインド。

教員を目指す道もありましたが、「世の中がこれからどうなっていく?」ということについて知りたいと思い、学校ではなく民間企業に就職したいと思いました。樋口社長の「ITはこれからもっと人々や社会から求められるようになる」という言葉のもと、「IT企業・コムデック」への入社を決めました。

Q.入社前、不安に思うことはありましたか?

就職を機に初めて伊勢に住むことになったのですが、土地柄が分からず少し不安でした。ですが、実際は、生活に不便する事はなく、さらに観光地ならでは、飲食・観光サービス業に携わる若い人も多く住んでおり、友人が沢山できました!伊勢に就職して、伊勢に住んでよかった!と思っています。

Q.コムデックはどんな社風ですか?

「出来ないではなく出来る方法を考える」というコムデックマインドの通り、「課題解決能力」を大切にする社風です。

Q.コムデックはお客様からどのような評価をいただいていると思いますか?

お客様からお問い合わせいただく際は、「●●さんいる?」と個々の社員に対してご指名いただくことが多いです。それは、社員それぞれがお客様から見て「自社の頼れるITパートナー」として評価いただいているからなのかな…と思います!

Q.最後に求職者に一言メッセージをください。

コムデックを知って、興味を持ってくださり、ありがとうございます!

MESSAGE 03

佐田 薫士

2015年4月入社鈴鹿工業高等専門学校 電子機械工学専攻科卒

佐田さんにお願いして良かったよと言っていただいた時の嬉しさ。

コムデック会社説明会にて熱く「会社のこれから」を語る社長と専務の姿から、「同級生の皆は大手就職ばかりだけど、中小企業で冒険してみたい!」と思い、入社を決めました。

Q.入社前、コムデックにはどんな印象をいだいていましたか?

入社前に参加したコムデックBBQ、鍋パーティなどのイベントで、「社員同士風通しがいい」という印象を持っていました。

Q.仕事を通じて一番大切にしていることは?

「お客様の事を知り、深く考え、同じ立ち位置に自分を置く必要がある」ということです。プログラマーと言えばパソコンと睨めっこをしながら黙々とソースコードを書いているイメージがあるかもしれませんが、実際はそんな事はありません。直接お客様からご要望やお困りごとを聞き、システムに反映させていっています。お客様の感謝の言葉も直に聞くことができ「佐田さんにお願いして良かったよ」と言っていただいたときの嬉しさは、何物にも変え難いです。

Q.コムデックはどんな社風ですか?

社員同士風通しがよく、教育熱心で、先輩や上司が惜しみなくアドバイスしてくれる社風です。

Q.最後に求職者に一言メッセージをください。

自分の就活を振り返って、「働きたい会社」を直感で決める方法もアリですが、色んな会社をじっくり見てから決めてもいいのではないかな…と感じています。そして、「人生は縁と結び」だと思っていますので、「縁」があれば一緒に働きましょう。(このページを見てくれてるということもひとつの「縁」かも?)