Evernote Business

Evernote Businessとは

Word、Excel、PDF、写真や音声などのあらゆる情報を保管でき、パソコンやスマートフォンから簡単に情報を検索・共有できるクラウドサービスです。

Evernoteの企業版であるEvernote Businessでは、会社・組織のデータに対する所有権および管理者機能が提供されます。
ビジネスノートブックにある個人が作ったデータでも、組織に変更があった場合、会社の財産として残す事ができます。

Evernoteで出来ること


チャットでコミュニケーション活発化

Evernoteにはチャット機能があり、Evernoteで作成したノートをPCやスマートフォンで手軽に共有することが出来ます。


情報を「紙のノート」のように組み合わせて保管

業務や顧客に関するデータを、一つの「ノート」にまとめて保管・管理することが出来ます。

Evernoteを導入することで


業務管理の効率化

業務に必要なあらゆる情報が、場所に依存する事なく活用可能です。

Evernoteによって、文字/写真/音声/Office文章など 様々な情報を組み合わせて保管したデータを外出先から閲覧、編集でき、必要なコミュニケーションはチャット機能の活用で可能です。

また、すべての機能がスマートフォンでも利用できる事で、手軽に活用可能です。


案件管理の質向上

顧客対応履歴やクレーム情報などは、WordやExcelファイルで保管をしていても、再度振り返ったり活用されることはありません。

Evernoteに実際の欠損品の写真やクレーム問い合わせ時の音声など、状況状態を振り返ることが出来るあらゆる情報を組み合わせて保管することで、対応をした社員以外も活かすことのできる会社の対応ノウハウにすることができます。


サービス概要

ライセンス価格

1ユーザ ¥12,000(税別)/ 年


Evernote business商談管理プラン

商談管理に焦点をおき、早期定着を推進させます

このようなニーズにお応えします。

◆Evernote Businessを導入したいけど、どこから手をつけていいか分からない

◆Evernote Businessで商談管理を始めたいけどテンプレートを作る暇がない

◆他社のノウハウに基づき、素早くEvernote Businessを活用したい

◆管理者向けの勉強会、社員向けの勉強会を開催して早期定着を実現したい


プラン内容

商談向けテンプレート集+定着コンサルティング+操作説明会をパッケージ化


プラン詳細

Evernote Businessの「スペース」機能を活用した商談のステータス・進捗管理および案件管理方法についてのテンプレートをご提供いたします。

商談管理スペース、進捗ステータスごとのノートブックがテンプレートに含まれます。

進捗ステータスごとの案件数が見える化されるようになり、案件の滞留状況が把握できるため、対応漏れなどによる案件の陳腐化の未然防止が可能になります。

Evernote Businessで商談管理を始めるための「顧客管理シート」「議事録シート」「営業日報シート」のテンプレート集です。

顧客情報・案件情報をチームで共有することで、チームでの顧客対応、商談確度の向上などが実現可能です。

案件に関する情報を一括で管理することによる情報を探す時間、報告をする時間などの削減が実現可能です。

テンプレートの追加・削除などお客様ごとの運用に即した内容へ設定の変更を行います。

管理コンソールでのユーザー管理、ライセンス管理など管理者向けの操作説明会を実施いたします。

Evernote Businessの活用方法、利用方法について従業員様請けの操作説明会を実施いたします。