株式会社コムデック

三重県伊勢市ソフトウェア・システム開発

「IT活用戦略セミナー2017」
プレゼンテーター紹介 No.2

imadokiH2904_img15

imadokiH2903_img14
6月20日(火)第三回目となります「IT活用戦略セミナー」の開催概要が決定いたしました。
前回のIT活用戦略セミナーやセキュリティセミナーの際に駐車場の空きがなく、ご迷惑をお掛けしましたお客様がお見えになりましたことを反省し、今回から広大な駐車場を有する三重県営サンアリーナに会場を変更いたします。
セミナー会場となるレセプション室は最大収容人員は120名ですが、満員必須の本セミナー、早期のお申込みをお勧めいたします。
4月以降順次お声がけさせていただきますので、まずはスケジュールの確保をお願いいたします。

imadokiH2903_img15

プレゼンテーター紹介 No.2

船井総合研究所 チーフコンサルタント 長島 淳治氏

imadokiH2904_img16オープニングとなる第一講座を担当していただくのは、昨年に引き続き船井総合研究所 チーフコンサルタントの長島 淳治氏です。
昨年のセミナーでは人口減少時代における「下山経営」、そして何故「働き方改革」が必要なのかについてお話いただきました。

船井総合研究所は、中小企業に特化したコンサル集団であり、特にマーケティングに強い特徴があります。
良い悪い、好き嫌いは別として、中小企業の置かれている問題に詳しく、将来にわたる解決方法を模索している会社として、今回も講演をお願い致しました。
ご講演いただく長島氏はマーケティングを得意分野とし、展示会等の出展アドバイザーとして特に人気のあるコンサルタントです。
今回の講演に当たり、長島コンサルより寄稿いただけましたのでご紹介致します。

日本を席巻している働き方改革の流れ。
長時間労働の是正、有給休暇取得率向上、特別休暇取得の奨励、ブラック求人の是正。。。

「これでどうやって経営をしていけば良いのか?」
中小企業の社長と話すと、ため息と共に出てくる言葉。
働き方改革とは何なのでしょうか?本当に社長を苦しめるだけの制度なのでしょうか?

人口減少・高齢化・格差化を前提とした時代。
船井総研ではそれを【下山経営の時代】と考えています。
日本は大きく社会構造が変わろうとしています。
これまで上手くいっていたいビジネスが苦戦する。これまではカリスマと呼ばれていた経営者がブラック企業の代表の様に取り扱われる。これはファッズと呼ばれる次の時流の象徴です。

それでは、これから来る本質的な変化とは何なのか?
そして流れの中心にある【働き方改革】というキーワードを社長はどう活用すべきなのか?

時代の変化の本質を捉え、キーワードの指し示す未来を考えれば
実は大きなチャンスが到来していると気付けるはずです。

今回の講座では、働き方改革の示す時流の方向性と下山経営時代の戦略。
未来に向けて今何をすべきかをお話します。

時流適応が経営の本質とは、船井総研の創業者である舩井幸雄の言葉です。
時流の変わる今、本当の意味でのチャンスが来ています。
正しい一歩を踏み出すヒントをお伝えします。会場でお会いしましょう。

Return Top