株式会社コムデック

三重県伊勢市ソフトウェア・システム開発

GoogleMapってこんなに便利!

imadokiH2904_img2

 生活で仕事で、パソコンだけで無くスマートフォン でも、「GoogleMap」は現在あらゆるシーンにおいて利用されていますが、業務にお使いですか?
「GoogleMap」 の非常に優れた機能を、自社の業務に活用出来れば大きな力となりますので、今回はお復習い的に利用方法を解説いたします。
 Googleはどうやって地図を作成しているのか?実は、江戸時代に全国を歩いて測量し、正確な日本地図を作った伊能忠敬のように、Googleも全世界を車、自転車、徒歩、そして衛星を使って世界中を測量、撮影して地図を作成しています。

imadokiH2904_img3

imadokiH2904_img4

GoogleMap活用術!

①ストリートビューの使い方
まずは基本のストリートビューの機能を確認してみましょう。
知ってるよ~って言われそうですが、最新では無く時間を遡って過去のストリートビューが見られるのご存じでした?

1.地図からストリートビューに切り替えるには、「ペグマン」を見たい場所(水色の線上)にドラッグします。
imadokiH2904_img5

2.画面がストリートビューに切り替わりますので、後は見たい場所、方向をクリックすればグリグリ動きます。
また、マウスのホイールをクルクルすれば拡大縮小も思いのままです。

imadokiH2904_img6imadokiH2904_img7

 
 
 
 
 
 
 

3.次にストリートビューで過去画像を閲覧してみましょう。伊勢市内は2013年頃まで遡れるようで、昔は○○が建っていた、土地が田んぼの造成地だった等の確認に使えそうです。
imadokiH2904_img8

②ココへ来て!
日報での施工場所、資材置き場や、打合せの集合場所など、場所の位置を正確に伝える手段として、GoogleMapの「短縮URL」を送信する方法があります。

1.目的の場所を検索したら、左側から“共有”をクリック。
imadokiH2904_img9

2.”共有”をクリックすると検索対象への位置情報を含むURLが生成されます。
更に短縮URLをクリックすると例のようにコピーしやすい短いURLになりますので、コピーしてメールやLINEで送信すれば、相手に正確な位置情報を伝えることが出来ます。

imadokiH2904_img10

③何も無い場所でもOK
imadokiH2904_img11
道路上や、建物が無い田、空き地でも右クリックして出てくるメニューから”この場所について”をクリックすれば、GPS情報を取得してくれます。
「②」で解説した”共有”を使い、全く目標物が無い場所でも明確に位置を伝える事が出来るようになりますので、仮設の現場事務所や工事現場を指示するのに活用すると便利ですね。

④距離や面積を測ってみよう!
imadokiH2904_img12imadokiH2904_img13
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
新入社員が多い季節、入社時に通勤経路申請書を書かせていますか?GoogleMapには距離、面積を手軽に確認できる機能が搭載されています。
経路だけならナビゲーション機能を使っても良いのですが、ドアからドアまでの距離すら測定できますので、手軽に申請をチェックできます。
弊社新社屋建設予定地を決定する際には、外周を指定して面積を測定したり、最寄りのララパーク内のスターバックスまでの距離を測定して利便性を計ったりしていました。

Return Top